忍者ブログ

miccaで4$

最近焦って読んでしまう。 読みたい本がいっぱいあるから。 でも読むのが遅い・・・ジレンマ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『白洲次郎・正子 珠玉の言葉』 北 康利


装丁がとても美しい。
正子さんの帯であるそう。

とにかく、お二人の言葉がぎっしりと書かれている。

ゲーテやニーチェじゃないし、珠玉の言葉を言おうと思って言ってないので、
ひとことで、一字千金とはいかない。

「ん?」
と言う言葉も多い。
やはり、その言葉を放った、背景や気持ちが解からないと、
その真意が読めないわけです。

正子さんの言葉で、
『 金は儲けるより、使うほうがむつかしい 』
というのがあったが、これは、それの典型で、
言葉そのままに受け止めてしまわれかねない。

「岩に立つ」の棟梁に向かって、その言葉を言えるか?
と、思ってしまう。
食うに困ったことがない人に言われると、「何も解かってないわね」と思えてしまう。

その言葉の背景を補足をしてもらわないと、
正子さん自身の評価に影響する気がする。

正子さんの言葉で素晴らしかったのが、
『 他人は鏡です 』

『 明日は来ないかもしれない。そう思って生きてるの。
 あんたもそうするといいよ。緊張して生きるようになるから 』

というもの。
ほんとにその通りだな、と思うし、
正子さん自身がいつもそれを忘れないようにしていたのだな、
というのが、すごいな、と思う。
つい、忘れちゃうよね、普通は。

次郎さんの言葉で意外だったのが・・・
『 (正子さんのことを評して)
 うちの婆さんは偉いよ 』

というもの。
家庭の夕食の席で、
「ネクタイを締めていなくてごめんなさい」
と正子婦人に謝った、エピソードが「白洲次郎的」で紹介されていたのだが、
そんな、英国紳士なフェミニストな御方が、妻を、
「婆さん」と呼んだ事。
欧米では、間違っても、自分のワイフを「愚妻」なんて言わないお国柄なのに。
こういうトコロは、日本男子っぽいテレなのかな?


最近、ちょっと、白洲次郎づいてたので、しばらく離れてみようかな、と思う。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[12/14 micca]
[12/13 パンプキン]
[10/10 micca]
[10/10 micca]
[10/08 パンプキン]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
micca
性別:
女性
自己紹介:

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

ランキングーに参加中

Copyright ©  -- miccaで4$ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ