忍者ブログ

miccaで4$

最近焦って読んでしまう。 読みたい本がいっぱいあるから。 でも読むのが遅い・・・ジレンマ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『腐った翼』森 功


カテゴリーを迷いながらも、
「日本の歴史モノ」とすると、ココ意外にないように思えた。
JAL消滅への60年。

を副題とする。

「腐った翼」その題名が面白くて、読む気持ちになったのである。

今から60年前と言われて、すぐに思いつくのは、太平洋戦争直後、ということだ。
それもそのはず、敗戦で大日本航空という日本の航空会社は、
アメリカに事実上消滅させられる。

その後、アメリカ主導の国営航空会社として発足するのが日本航空であった。
「アメリカ主導」「国営企業」というところに当然ながらひっかかりを覚える。
機材もパイロットも管制官もアメリカ人だったという時代だったのだ。


白洲さんは、「戦争に負けたのであって、アメリカの奴隷になったわけではない」
と、言い放ったそうだが、戦争とは、そんな生やさしいものではなかったのではないか?と思う。

何故、戦争をするかといえば、相手国を自分の都合の良い様に従わせたいからではないか?

今尚、日本は、アメリカの属国のような存在になっているのは、そういう事なのではないか?

とにかく、アメリカがそんな横暴を振るっていた時代である。

そんな中、大事故が起こり、事故の責任逃れの嘘、時間稼ぎによる救出の遅れ、
乗員全員死亡という惨事を招く。

そこからナショナルフラッグキャリアの確固たるものを築きたいと、
躍起になった気持ちは大変認めたい。

しかしながら、その初心というものは、すぐに忘れちゃうモノなのだろうか?
それはドコへ行ったのだろうか?

成れの果ては、天下りの温床、政治家が自分の都合の良いように動かすような企業。
航空会社がホテルや不動産を買う、ってのも、そもそもおかしいし、アホみたいな先モノ取引にも手を出し、アホみたいに失敗。それでも、隠れ国営企業、立ち行かなくなれば、なんとか政府の銀行がカバーして、
やってきた。

全然、株式会社じゃねーし。

1民間会社が、これだけの負債を負って倒産って、何の努力も、何の知恵も、なかったって事実しか残らない。

「アメリカの権力が振るわれる世の中から脱却したい」と思ったあの気持ちをもってしたら、
その翼が腐る事はなかったのではないか?と思うのだが。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[12/14 micca]
[12/13 パンプキン]
[10/10 micca]
[10/10 micca]
[10/08 パンプキン]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
micca
性別:
女性
自己紹介:

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

ランキングーに参加中

Copyright ©  -- miccaで4$ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ