忍者ブログ

miccaで4$

最近焦って読んでしまう。 読みたい本がいっぱいあるから。 でも読むのが遅い・・・ジレンマ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『いのちの食べかた』 森 達也


「魚市場はテレビに映るのに、食肉市場はなぜテレビに映らないのだろう?」
という疑問から入って行く。

このシリーズ本が中学生以上向けということで、
とても解かりやすく書かれている。
でもちょっと、森氏の語り口調が、子供扱いし過ぎてるキライがある。

そして、「部落問題」「戦争」が着地点になっている。

「部落問題」を知りたいと思い、この本を手に取ったので、
日本が肉を食べるようになった歴史から、
日本に根付いていた「すべての物にいのちが宿るというアニミズム」の考え方と
仏教伝来時に「動物の殺生を禁じる教え」などによるところから「部落問題」が始まっているような事が解かり、参考になった。

「部落問題」を簡単に説明出来ないのは、ものすごく長い年月をかけて、
日本人の心の中に定着していった考え方、感じ方、あうんの呼吸のような、
「なんとなくイヤだ」という、明確に出来ない感情に因るところなのだな。

ものすごく考えさせられたし、為になった。
でも、ちょっと、題名と内容にギャップがあるね。
わたしは、部落問題を知りたかったから、参考になる本と思うが、
タイトルから入ってきた人は、アレ?と思うかもしれない。

そして、最も共感できない一言があり、ひっかかる。
「ベジタリアンにでもなるしかない」
という言葉。

植物達にも「いのち」があるという事は、思い出さなかったのかな?
これにはいささか疑問が残った。

「知る事」「考える事」「想像する事」「悩む事」を忘れないように。
という、メッセージが一冊を通した、森氏の言いたかった事かな、と思う。

そういう事は、時々、誰かに言ってもらわないと、ホント、忘れてしまう事なので、
だらけた、麻痺したココロに、渇!を入れてくれる、とても良い本でした。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[12/14 micca]
[12/13 パンプキン]
[10/10 micca]
[10/10 micca]
[10/08 パンプキン]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
micca
性別:
女性
自己紹介:

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

ランキングーに参加中

Copyright ©  -- miccaで4$ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ