忍者ブログ

miccaで4$

最近焦って読んでしまう。 読みたい本がいっぱいあるから。 でも読むのが遅い・・・ジレンマ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『へうげもの 1服』 山田芳裕

武人・古田左介(後の茶人・古田織部)を主人公とする、戦国時代のマンガである。
日本の歴史はからきし弱いので、マンガから入って行こうという魂胆である。

歴史が好きなにゃお氏によれば、史実にのっとているが、
作者の想像があり、アリそうな感じが面白いのだといふ。

ほぉ~、左様ですか。
その史実とやらを知らないモノにとって、願ったりなマンガですわ。
 

疑問に思った事
①群雄割拠の戦国時代に何故に、それほどまでに、茶の湯の道が開かれ、確立するのか。
武人達もがのめり込み、茶会を開く事を願っている。
(それどころじゃないんじゃないの?といふ、疑問)
 
②茶人の千利休が、政治にクチを出し、かなりの影響力を持っていたのは何故なんだろう?
(文化人が政界に進出する現代と同じようなものなのか?)
 
③マンガでは、信長はピアスをし、千利休は身長190センチくらいありそうに描かれ、
秀吉はいやらし~~い感じに描かれていた。

すっごく面白いけど、実際のところどうだったんだろう?

モグタンでも居れば、戦国時代に連れて行ってもらえるのにな。
そういうトコロに歴史のロマンを感じるんだろうか?
 
私的には、左介の「もがっとした馬のお尻」といった様な、独特の表現が面白かった。
マンガで勉強しようと考えると、割とじっくり読む事になり、一冊読むのに結構な時間を要し、また、二度読みしなければ染み付きそうもない。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[12/14 micca]
[12/13 パンプキン]
[10/10 micca]
[10/10 micca]
[10/08 パンプキン]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
micca
性別:
女性
自己紹介:

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

ランキングーに参加中

Copyright ©  -- miccaで4$ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ