忍者ブログ

miccaで4$

最近焦って読んでしまう。 読みたい本がいっぱいあるから。 でも読むのが遅い・・・ジレンマ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『オーストラリアで大の字』 小栗左多里

小栗さんのマンガは大好きである。
ゆる~い感じと、クールな言い回しが好きである。 

オーストラリアでも、いろんな事にチャレンジしててうらやましい。
一体何日間の取材旅行だったのだろう?とやらしい事を考える。

高いトコロが苦手なアタシは、
「アブセイリング」という、山というか、崖をロープ一本で降りて行くスポーツにチャレンジしてる様、
ハーバー・ブリッジのクライムなんかは、読んでるだけでも、ぞわっ、として来た。

フィリップ島という、政府が土地を買い取って、ペンギンの保護区域に指定してるところに、
ペンギンの巣箱を作りに行く。
という章で、いささか疑問が残った。

ここでは、人間が巣箱を作り、設置し、ペンギンが住める様にしている。

トニーさんがレンジャーの方に質問。
「人間が巣箱を作ってしまっては、ペンギンがなまけてしまわないのですか?」

トニーさんの疑問はもっともだと思う。

レンジャーの方の返答に疑問。
「実はその通り、家を作らなくなっています。
でも、そもそも、ここは、巣が作れないところだったから、
ここに住まわせようと思うと仕方が無いんです」

おい、ちょっと待て!
保護区域って、ペンギンの生息地を保護するものなんじゃないの?

それでは、極端なハナシ動物園と一緒じゃないのか?
人間の勝手で、ペンギンよ、ここに住め!
でも、ここじゃ、巣を作れないよね、じゃあ、私が作ってあげましょう。
って、傲慢が過ぎる。
人間が生態系に関わるとロクな事にならないと、思うのだが。

ペンギンが本来持っている巣を作るという野生の能力を奪ってしまったら、
エサを取りに出掛け泳いでいるうち、迷ったりして、
この保護区域以外の地にたどり着いてしまったらどうなるのか?
生きて行けないよね?

保護と過保護をはき違えてはいけないし、
そもそも、人間の勝手で、ここをキミ達の保護区域にしました!
って、ペンギンにとっちゃ、知らんがな、である。

オーストラリア政府に物申したい!
政府観光局にでも問い合わせてみるか。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[12/14 micca]
[12/13 パンプキン]
[10/10 micca]
[10/10 micca]
[10/08 パンプキン]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
micca
性別:
女性
自己紹介:

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

ランキングーに参加中

Copyright ©  -- miccaで4$ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ